バーコード決済

【悲報】ヤフーカードとペイペイのポイント二重取り終了(2020/2/1〜)

こんにちは!あくたーです。

ペイペイはスマホ決済で最前線をリードし、人々の生活を便利にする素晴らしいサービスですよね。

しかし、ペイペイを一躍有名にした魅力的な還元キャンペーンもいつかは終わりを迎えます。

今回は還元キャンペーンの1つであるヤフーカードとの連携でTポイントが還元されるキャンペーンの終了のお知らせそれでもペイペイを使い続けるべきかをお伝えします。

ヤフーカードとペイペイのポイント2重取り終了

2019/1現在、ペイペイは銀行口座残高支払いとヤフーカード支払いにおいてペイペイボーナスを1.5%還元するキャンペーンを実施しています。

ヤフーカード支払いにおいては更に1%のTポイントを進呈する「ポイント2重取り」が可能な状態にあり、合計2.5%の還元を実現しております。

関連記事
blank
PayPayとクレジットカードの相性は?各カードを比較してみた

続きを見る

しかし、2019年12月23日にヤフーカードの発行会社であるワイジェイカードより「PayPay・nanacoクレジットポイント変更のお知らせ」というタイトルで下記の内容のお知らせがあり、2020年2月1日より全ての支払い方法においてポイントの2重取りが不可になる事が分かりました。

このたび、2020年2月1日(土)より一部ご利用分のクレジットポイント進呈を以下のとおり改定いたします。改定後の内容は以下をご確認ください。

■変更内容
「PayPay決済」「PayPay残高チャージ」および「nanacoクレジットチャージ」ご利用分へのクレジットポイント進呈を廃止いたします。

具体的な変更点

今回のアップデートにより、どのような点が変更されるのか具体的にご紹介します。

2020年1月31日以前はヤフーカードでペイペイ決済もしくはペイペイ残高チャージを行うと1%のTポイントが還元され、ペイペイの中でも最もお得な決済方法でした。

しかし2/1以降はTポイントの進呈が無くなり、ヤフーカードへの還元は一切無くなります。(1.5%のペイペイボーナスは引き続き還元されるようです。)

2020/1/31以前

2020/2/1以降

ヤフーカードとその他クレジットカードと大きく異なるのは還元されるポイントの種類です。

その他クレジットカードではペイペイボーナスが還元されず、クレジットカード固有のポイントのみ還元される形になっているので各社還元率は異なります。

しかしヤフーカードの場合、1.5%のペイペイボーナスが還元されるため通常のクレジットカードを連携させるよりも高還元なのは以前と変わりありません。

それでもペイペイを使い続けるべきか

今回はアップデートは一部のペイペイユーザーにとって若干の改悪という結果になりました。

それでも筆者はペイペイを使い続けるべきだと思います。その理由は以下の3点です。

1. スマホが財布代わりになる

筆者はペイペイを使い始めてから財布を出す回数がかなり減りました。1ヶ月のリアル店舗の買い物のうち9割はペイペイでスマホ決済をしています。

なぜなら、今まではQUICK PayやiD等のスマホ決済ではカバー出来ていなかった多くの個人経営店でもペイペイを使うことが出来るようなったからです。

また、PayPayの店舗カバー率は他のスマホ決済アプリの比になりません。

とにかくどこでも使えるので財布をポケットに入れたり、バッグの中で探すストレスが本当に減ったと思います。

もちろん還元も重要ですが、日々のストレスが解消されることを考えると十分に使い続けるメリットはあります。

関連記事
blank
【保存版】PayPay(ペイペイ)とは?使い方や魅力を徹底解説

続きを見る

2. 支払いだけじゃない

筆者がペイペイで使う機能は決済機能だけではありません。ペイペイでは割り勘機能で友達と清算しあったり、タクシーを呼んだりすることも出来ます。

世間ではペイペイはスマホ決済アプリという認識が強いですが、ペイペイ決済を中心とするスーパーアプリ*になることを目指しており今後は更に便利になると予想します。

*アプリ上で共通IDを用いてその他のサービスも利用可能な統合アプリのこと

関連記事
blank
【知らなきゃ損】PayPay(ペイペイ)でタクシーが配車出来るのをご存知ですか?

続きを見る

3. キャンペーンが充実している

まちかどPayPayなどのお得なキャンペーンも引き続き実施中です。

その他クレジットカードでは殆どが対象外になることが殆どですが、ヤフーカードや残高決済を選択し、キャンペーンに参加すれば多くのポイントが還元されます。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

結論としては当初と比べるとどうしても還元率が目劣りしてしまいますが、利便性を考えると使い続けるべきだと筆者は考えています。

そろそろキャッシュレス業界でも大きな還元はなくなってきたので、今年中に還元から利便性の競争が始まるでしょう。

毎日新しい技術で世の中が便利になっていくのを見て筆者はワクワクしています。

今後も良い情報を見つけたら皆さんにお伝えしていきたいと思いますので、引き続き宜しくお願いします。

  • この記事を書いた人
Auktor

Auktor(あくた)

節約×副業×投資で2025年にセミFIREし、彼女の故郷「韓国」への移住を目指す副業リーマンです。 年金問題・景気後退など騒がれる世の中を生き抜くために、自分が仕入れた情報と実践していることを皆さんに共有していきます。 ■ プロフィール詳細

© 2020 あくろぐ