バーコード決済

Apple WatchでPayPay(ペイペイ)を設定してみた!設定方法を画像で詳しく解説

皆さんはPayPayはお使いでしょうか?

Apple Watchをお持ちの方であれば、スマホを出さなくてもPayPayが使えるんです。

今回はPayPayをApple Watchで利用する方法をご紹介します。

\PayPayでキャッシュレスを始める/

Apple WatchでPayPayを使う方法

Apple Watchを使う男性

blank
【保存版】PayPay(ペイペイ)とは?使い方や魅力を徹底解説

続きを見る

Apple WatchにPayPayアプリを追加する

  • blank
    iPhoneでWatch
    アプリを開く
  • blank
    PayPayを
    インストール
  • blank
    アプリの追加を
    確認する

支払いをする

  • blank
    ホームのアイコンをタップ
  • blank
    右にスワイプする
    ここで残高を確認できます
  • blank
    店員に見せる
    (バーコードタイプ)
  • blank
    店員に見せる
    (QRタイプ)

blank

このようにホーム画面に追加することも可能です。

残高の表示設定

  • blank
    左にスワイプすると設定画面が開く
  • blank
    残高の非表示設定

設定画面からはPayPay残高の表示設定音量の調整をすることが可能です。

Apple WatchでPayPayを使うメリットとデメリット

メリットとデメリットを解説します

Apple WatchでPayPayを使う上ではもちろんメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 支払いでスマホを取り出す必要がなくなる
  • そもそもスマホを持ち歩かなくてよくなる

デメリット

  • ログイン状態が同期されていないと使えない
  • ユーザースキャン方式が使えない

メリット

支払いでスマホを取り出す必要がなくなる

Apple Watchをしていればレジの支払いの際にPayPayアイコンをタップするだけで支払えてしまうので、スマホを取り出す必要がなくなります。

財布だけでなくスマホすら取り出す必要がなくなるなんて、もはや便利すぎて恐ろしいです。

そもそもスマホを持ち歩かなくてよくなる(Celluarモデル限定)

セルラーモデル限定ですが、ログイン状態が同期されていればスマホの通信圏外でもPayPayを利用することができます。

ランニングやジム、散歩などスマホが鬱陶しいと感じる時もApple Watchさえしていればコンビニで買い物ができてしまいます。

デメリット

スマホがないと使えない

WiFiモデルではスマホがBluetoothの通信圏内にないと利用することが出来ません。

ただ、スマホを持ち歩く必要はあるのですが、取り出さなくて良いのでそれだけで十分メリットだとは感じます。

ログイン状態が同期されていないと使えない

スマホでPayPayを開くとたまにログアウトされていることがあります。

スマホなしでApple WatchでPayPayを使う場合ログイン状態が同期されていることが前提条件となります。

そのため、ログアウトに気づかずに外出してしまい、Apple Watchだけで支払いをしようとすると支払いができないなんてことも。

スマホを置いていくときはログイン状態を確認した方が良さそうです。

ユーザースキャン方式が使えない

PayPayにはバーコードを店員にスキャンしてもらうストアスキャン方式と自分のスマホカメラを使ってQRコードを読み取るユーザースキャン方式の二つの支払い方法がありますが、Apple Watchではユーザースキャン方式が使えませんのでご注意ください。

まとめ

PayPay最高

PayPayをApple Watchで使えるようになれば、レジでスマホを出すストレスから解放されます。

この記事を参考に便利なキャッシュレスライフを送っていただけたら幸いです!

\PayPayでキャッシュレスを始める/

 

  • この記事を書いた人
Auktor

Auktor(あくた)

節約×副業×投資で2025年にセミFIREし、彼女の故郷「韓国」への移住を目指す副業リーマンです。 年金問題・景気後退など騒がれる世の中を生き抜くために、自分が仕入れた情報と実践していることを皆さんに共有していきます。 ■ プロフィール詳細

© 2020 あくろぐ