ブログ

サーチコンソールのドメイン所有権確認をエックスサーバーで設定する方法

今回はエックスサーバーユーザーに向けてGoogle Search ConsoleにWebページを登録する際に求められるドメイン所有権の確認の設定方法をご紹介します。

Google Search Consoleとは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

- SearchConsoleの概要

サーチコンソールって何?って方はこちら↓

【2020年版】サーチコンソール(Search Console)で出来ること

続きを見る

設定手順

1. Google Search Consoleを開く

Google Search Consoleをクリックし、管理画面を開いてください。

2. ドメインを入力して続行

https://example.com/の場合example.comのみを入力して続行をクリックしてください。

3. TXTレコードをコピーしておく

コピーをクリックしてクリップボードにレコードをコピーしておきます。

この時、画面は閉じずに別のタブでエックスサーバーの設定を行います。

4. エックスサーバーのDNSレコード設定画面を開く。

エックスサーバーのサーバーパネルへ行き、DNSレコード設定を開いてください。

blank

5. ドメインを選択し、コピーしたDNSレコードを追加する。

先ほどサーチコンソール上で入力したドメイン(今回の場合example.com)と同じドメインを選択してください。

blank

選択した後DNSレコードを追加をクリックし、必要事項に記入してから確認画面へ進むをクリックしてください。

ホスト名 空欄でOKです。
種別 TXT
内容 先ほどコピーしたDNSレコードを貼り付ける
優先度 0

確認画面が出てくるので間違ってないことを確認し、追加するをクリックしてください。

追加が完了すると以下の画面が出てきます。エックスサーバー上での設定は以上です。

6. 設定の反映をサーチコンソール上で確認する。

次にGoogle Search Consoleへ戻り、設定の反映を確認するために確認をクリックしてください。

確認ボタンを押して所有権を確認しましたと出たら設定は完了です。

タイミングによっては設定が反映されておらず、下記のような画面が出る場合もあります。その際はしばらく待ってから確認をしてみてください。

まとめ

今回はエックスサーバーユーザー向け、Google Search Consoleのドメイン所有権の確認の方法を紹介しました。

プロパティをドメインで登録することは公式でも推奨されており、ドメインさえ登録しておけばURLプレフィックスでサブドメインを含めて1つ1つ登録しなくても良いので便利です。

エックスサーバーをお使いになられている方は是非上記の方法でドメイン登録を行ってみてください。

  • この記事を書いた人
Auktor

Auktor(あくた)

節約×副業×投資で2025年にセミFIREし、彼女の故郷「韓国」への移住を目指す副業リーマンです。 年金問題・景気後退など騒がれる世の中を生き抜くために、自分が仕入れた情報と実践していることを皆さんに共有していきます。 ■ プロフィール詳細

© 2020 あくろぐ