フードデリバリー

【最新版】DiDi Food (ディディフード) の展開エリアはコチラ

DiDi Food早く使いたい...

Uber Eatsの対抗馬としてフードデリバリー市場に参入してきたDiDi Food(ディディフード)ですが、現在の配達可能地域はどのようになっているのでしょうか?

 

本記事ではDiDi Foodの最新の展開エリアと今後の展開予定エリアについてご紹介します。

DiDi Food(ディディフード)の展開エリア

6月末時点での展開エリアは下記のようになっています。

大阪府 大阪市 福島区、北区、中央区、西区、浪速区、天王寺区、淀川区、阿倍野区、都島区、西成区、生野区(一部地域)、大正区(一部地域)

DiDi Foodは2020年4月に大阪市の「福島区、北区、中央区、西区、浪速区、天王寺区」で実証実験を開始し、約2,500以上の店舗がパートナーになりました。

大阪市だけ飲食店数が24,277店舗*1あると言われていますから、全体10%を提供可能となったと考えるとかなり充実してきていることが分かります。

そして、2020年6月末には実証実験を終了し本格スタートするとして、新たに「淀川区、阿倍野区、都島区、西成区、生野区(一部地域)、大正区(一部地域)」が配達可能エリアとして追加されました。

*ソース総務省統計局「統計でみる市区町村のすがた2020」

実は営業時間も6月末にアップグレード

また6月末の本格スタートを経て、サービス提供時間も少し延長されました。

【変更前】 9:00~23:00

     ↓

【変更後】 9:00~25:00

注意ポイント

店舗毎に注文受付時間が異なるため、注文可否についてはアプリの店舗情報をご確認ください。

Uber Eatsも一部地域は25時まで注文可能な店舗もあるので完全に寄せてきてますね。

今後の展開予定

今後の展開予定として今のところ発表されているエリアは下記の通りです。

7月末に展開予定のエリア

大阪市(住吉区、城東区、鶴見区、東成区、大正区、港区、此花区(一部地域)、生野区、東住吉区、平野区(一部地域)、東淀川区(一部地域))

8月末に展開予定のエリア

大阪市(旭区、西淀川区、東淀川区、平野区、住之江区(一部地域))

 

東京への進出はないの?

 

大阪市内で着実にエリアを広げるDiDi Foodですが、市外への進出については今のところ公表されていません。

Uber Eatsのように一部地域にて成功事例を作り、東京、名古屋、京都、福岡などの主要都市部へ展開していくものと予想します。

まとめ

以上 DiDi Foodの展開エリアの最新情報でした。

 

大阪ではUber Eatsと並んで大人気のサービスですので、今後の加盟店・エリア展開に期待が高まります。

 

今回の記事をまとめです。

ポイント

  • 6月末にサービス本格始動
  • これまでの展開エリアは「福島区、北区、中央区、西区、浪速区、天王寺区」
  • 6月末に追加されたエリアは「淀川区、阿倍野区、都島区、西成区、生野区(一部地域)、大正区(一部地域)」
  • 今後県外への進出は未定
  • 営業時間が23時から25時に延長

\ 最大1,000円割引 /

当ブログ限定コード

FOOD-AZNHJV

コピーできない方はこちらのリンクから(外部サイトへ飛ぶ)

  • この記事を書いた人
Auktor

Auktor(あくた)

節約×副業×投資で2025年にセミFIREし、彼女の故郷「韓国」への移住を目指す副業リーマンです。 年金問題・景気後退など騒がれる世の中を生き抜くために、自分が仕入れた情報と実践していることを皆さんに共有していきます。 ■ プロフィール詳細

© 2020 あくろぐ